宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
としとったねことまいごのくじら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

としとったねことまいごのくじら

作: 斉藤 洋
絵: みやざき ひろかず
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「としとったねことまいごのくじら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1993年07月
ISBN: 9784906379255

A4判 24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大きな海でくりひろげられるシリアスでユーモラスな物語。
とつぜんのあらしに、としとったねこは海にほうりだされてしまいした。目がさめるとなにかぬるりとした、くろくて、まるっこいものの上にいました。それは、まいごの子クジラの背中だったのです。としとったねこの知恵が子クジラをシャチから救う場面は、スリル感あり、ユーモラスでもあります。

ベストレビュー

賢いとしとったねこ

としとったねこは、とても賢くて、だてに歳だけとっているのではないなあと感心しました。子クジラと協力して3匹のシャチを追い払ったり、カラバス島に向かう方法も、昔から船乗りたちが、夜、空の星を見て方角を知ったように、長い間ノーザンテースト号で飼い猫として飼われていたので、船乗りの知識を身につけた賢いねこだったのです。慌てないでどう対処したらよいか、考えて行動するねこに脱帽です。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / オリンピックのおばけずかん ビヨヨンぼう / ふしぎパティシエールみるか(4) ピカリーンへんしんスイーツ / こうえんのおばけずかん じんめんかぶとむし / サブキャラたちの日本昔話 / シンデレラのねずみ

みやざき ひろかずさんのその他の作品

パウルのスケッチブック / ほんのにわ / ドレミファどうぶつコンサート / 紙芝居 せつぶんとおに / 紙芝居 おぼうさんとろくろくび / ゆびさしで こたえを おしえてね ど〜れだ? 英語つき



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

としとったねことまいごのくじら

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット