くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
三匹の犬の日記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三匹の犬の日記

作: 与謝野晶子
出版社: 架空社

本体価格: ¥1,300 +税

「三匹の犬の日記」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

今の時代に読んでもユーモラスでドキドキするストーリー

 明治・大正・昭和と生きた与謝野晶子の童話といえば、「きんぎょのおつかい」だけ読んだ事があります。

 こちらの作品を図書館で見つけ、へぇ〜と中を開かず借りてきました。
 正月元日の夜が明け、飼われている仔犬三匹が、飼い主の姉弟に年賀の留守中、好きなことをして遊び日記をつけておくことを仰せつかります。
 さて、夕刻三匹の日記を読んでみると、元日からこの三匹は電車に乗り、浅草・仲見世・花屋敷・上野と結構楽しんできたようです。

 一昔前といってよい頃の日本のお正月の風情が想像でき、仔犬たちと楽しい小旅行をした気分です。

 晴れと褻(日常)の境界のはっきりとした生活のあった時代の空気の引き締まった感じが漂います。
 お正月という晴れの日に、仔犬たちも外の世界へと自分たちだけで飛び出してみたのでしょう。
 今の時代に読んでもユーモラスでドキドキするストーリーでした。

 それにしても、与謝野先生の文章に触れ、日本語って美しいなぁって改めて感じ入りました。

 つよし先生の可愛い絵でお楽しみください。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

与謝野晶子さんのその他の作品

詩 こころをゆさぶる言葉たちよ。 / 芸術するのは、たいへんだ!? / 百年文庫(62) 嘘 / こけ子とこっ子 / きんぎょのおつかい



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

三匹の犬の日記

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット