話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
いい夢ひとつみぃつけた

いい夢ひとつみぃつけた

  • 児童書
作: 小松原宏子
絵: 北見 葉胡
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いい夢ひとつみぃつけた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784774314372

小学中学年から
20.6cm×15.4cm A5判縦 128ページ

出版社からの紹介

バクのバク太郎や個性豊かな町の住人が活躍する、夢銀行シリーズ第2弾!

本町通りの入り口には、みんなの夢をあずかる「夢銀行」があります。

この銀行のおかげで、町の人は楽しく暮らしています。住人のひとりに、ガクという青年がいました。ガクは、かつて人間の心に“悪のたね”をまきにやってきた「悪魔の手下」でしたが、夢銀行のバク太郎、無垢で優しい心をもつ、モナちゃん、町の人々のおかげで人間にもどることができたのです。ガクは、幼い頃からの歌の才能を生かし、町の人に楽しい歌を届ける、「歌作り屋」の仕事を始めます。
ところが、ある日、町のホテルに、黒いコートを着た大男が現れます。実は、この男、行方不明になった悪魔の手下(=ガク)を探しにやってきたのです。大男の暗躍が始まります。町の人たちの大事な夢は、いったいどうなってしまうのでしょう?

夢を食べる動物、バクのバク太郎、時計屋のチクタクおじいさん、なんでも色を塗らないと気がすまないペンキ屋のカラーさん、おそろしい悪魔のはずなのに、ドジでどこかにくめない、黒コートの男など、個性豊かな人物たちが巻き起こす、心温まるファンタジー。
前作『いい夢ひとつおあずかり』につづく、「夢銀行」シリーズ第2弾。

ベストレビュー

第2弾

「いい夢ひとつおあずかり」の続編。
前作を読んでいるとより良いと思います。前作のネタバレあり。
新たな悪魔の手下が町にやってきます。この悪魔も救われるといいなーと思いつつ。
前作のカップルの交際は順調だなとか元悪魔さんのその後とか楽しく読めました。

(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小松原宏子さんのその他の作品

保健委員は恋してる / 時計がない! / キューティー・キューピー・キューピッド / みえた!うみべのいきもののひみつ / ナゾとき サイエンス サバイバル 3年生 虫の王国をすくえ! / ホテルやまのなか小学校の時間割

北見 葉胡さんのその他の作品

わたしのともだちポルポちゃん / はりねずみのルーチカ にじいろのたまご / マーシカちゃん / はりねずみのルーチカ トゥーリのひみつ / エミリーとはてしない国 / はりねずみのルーチカ 人魚の島



かこさとし絵本復刊記念レビューコンテスト

いい夢ひとつみぃつけた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット