モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ルウとリンデン旅とおるすばん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルウとリンデン旅とおるすばん

作: 小手鞠 るい
絵: 北見 葉胡
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ルウとリンデン旅とおるすばん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784061323803

サイズ:ワイド判 ページ数:32

出版社からの紹介

私、旅に出る。いい猫でおるすばんしてて。
世界一周の旅を楽しく続けるルウ。やがて、森でお留守番している猫のリンデンが恋しくなって……。恋愛小説の旗手・小手鞠るいと人気画家・北見葉胡が贈る物語。

ベストレビュー

かわいくてほのぼのとしたものが好き

絵本レビューを書いてきて今年で四年ぐらいになると思います。

その間に絵本に対する見方が変って来ました。最初の頃はあまりよくわらずに、子どもがおもしろいというものを星五つとしてきたような気がします。

今は残ってほしい本を中心に読んでいるような気がしています。

そして、この本はどうなのか?

絵がきれいでお話がほのぼのとしているもの、そんな話が私は元々好みなのです。

好みの本をどう評価するのかがまた難しいところでもあります。

おはなし会なので大勢の読み聞かせを中心に考えるとこの本はまずはねられるかもしれません。

絵が細かくて遠目がききにくいからです。

でも絵は好きだし、どこにいても「ぼくたちはいつも、ふたりでいっしょにいるんだよ」なんて言葉はとても好き。

何だかんだと書きましたが、好きなら好きでいいのかと思いました。

考え出したり、絵本に対する知識がつくといろいろと小難しいことを書き並べたくなります。

多分、この絵本は私の中では私の趣味の本になると思います。

内容的なことを言うと、ルウが一人で旅に出て、その間ねこのリンデンはお留守番です。

見ながら、息子と私を重ねてみました。

息子が学校へ行っている間、私は私で違う体験をしています。

それでも心はいつもつながっているのかなと。

かわいいほのぼの系の本がお好きな人にお薦めしたい本です。

そういう人が読むなら、星は5つになると思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

小手鞠 るいさんのその他の作品

きみの声を聞かせて / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / くろくまレストランのひみつ / やくそくだよ、ミュウ / お菓子の本の旅

北見 葉胡さんのその他の作品

はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 / いろはの あした / えほん はりねずみのルーチカ / はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム / はりねずみのルーチカ カギのおとしもの / はりねずみのルーチカ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ルウとリンデン旅とおるすばん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット