にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
狂言えほん そらうで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん そらうで

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: たごもりのりこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「狂言えほん そらうで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784061323797

読みきかせ……4歳から
ひとり読み……小学校低学年から
サイズ:ワイド判 ページ数:32

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

野村萬斎氏推薦!
『「狂言」を通して、表現の楽しさを子どもたちに伝えたい――。この「狂言えほん」シリーズが、小さな子どもにとっての最初の一歩になれば、私もうれしいです。』……野村萬斎(狂言師)

〜「そらうで」は、こんなお話です〜
たろう(太郎冠者)は、おくびょうなくせに、いつも空腕(うその腕じまん)ばかり言っています。そんなたろうに、ある夕方、主人は「魚を買ってこい」と言いつけました。たろうはしぶしぶ出かけますが、暗い山道がこわくてしかたがありません。何でもないものが恐ろしく見えて、ついには主人に借りてきた刀を、命ごいに差し出してしまいました。こっそりあとをつけてきた主人は怒って、その刀を取り上げて帰っていきました。それに気づかず帰ってきたたろうは、言い訳のために、また空腕を言いはじめ……。

ベストレビュー

狂言絵本

狂言をなかなか理解出来ない私ですが、「そらうで」の意味も知らずにいました。いつわりの腕自慢のことだと解説を読んでわかりました。臆病者の太郎の気持ちは、怖いことはわかるのですが、いつわりの腕自慢を次から次へと言葉が飛び出してご主人のように呆れるのをと追り越して感心してしまいました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

せつぶんセブン / うめちゃんとたらこちゃん / おむかえまだかな / すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ / キャンディーがとけるまで / てっちゃんの しりとりライオン

たごもり のりこさんのその他の作品

きんぎょとしょうぶ! / はいくしょうてんがい / ハカバ・トラベル えいぎょうちゅう / とおせんぼ / あいうえ おいしい レストラン / おいしいおほしさま



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

狂言えほん そらうで

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット