モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
いぬのマーサがでんわをしたら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬのマーサがでんわをしたら

  • 絵本
作・絵: スーザン・メドー
訳: ひがし はるみ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「いぬのマーサがでんわをしたら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784577015247

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

しゃべれる犬のマーサが大活躍。電話をかけてみんなを危機一髪で救います。

ベストレビュー

子供とおなかをかかえて大爆笑! 

 この作品との出会いは8年前。息子の生まれた年、おもちゃ屋さんで半額で購入した絵本でした。アルファベットスープを食べた犬のマーサが人間のように喋る…というお話は、第一作目「Martha Speaks(いぬのマーサがしゃべったら)」で評判となっていたので、この第二作目「Martha Calling」を見たときは即購入!(しかも半額!!) 8年後の今、邦訳を手に入れて英語より笑える!と息子と大爆笑しました。
 第二作目の本作品では、マーサが電話で応募したラジオ番組のクイズに当たり、一家はペンション宿泊招待券を受け取ります。…例によって、ここで騒動が巻き起こります。このペンションはマーサの嫌いな一言「犬おことわり」を掲げていました。そこで一家は知恵を絞り、マーサを車椅子に乗ったマーサおばあちゃんにふん装させます…。
 邦訳ではアルファべットスープがあいうえおスープになり、表紙や本文の中のアルファベット(のイラスト)が完璧にあいうえおに変えられていて感動しました。違和感が全くなし。マーサのお喋りの部分もすべて手書きの日本語で、マーサらしさが出ています。このシリーズの魅力はなんといってもマーサの性格が、彼女のお喋りに表れるところ。犬をよく知っている人にはこたえられないキャラクター描写です。
 爆笑の部分は、マーサがフリスビーに飛びつくところとおなかいっぱいにお肉を食べ、骨を散らかしながら眠ってしまうところ…。その理由は、どうぞ本を手にとって確かめてください。これだけ笑ったので、(うちの場合、犬がいるので受けたこともあるかもしれませんが)第一作目もぜひ手に入れようと思いました。息子も言っていましたが、なぜか、邦訳の方が笑えました。対象は就学前後のお子さんでしょうか。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

スーザン・メドーさんのその他の作品

ルルと魔法のぼうし / いぬのマーサがさんぽにいったら / いぬのマーサとスープのひみつ  / まじょのスーパーマーケット / いぬのマーサがしゃべったら / こまった鳥の木

ひがし はるみさんのその他の作品

キャプテンうみへいく / あと10ぷんでねるじかん / アーミテージさんのすてきなじてんしゃ / おいてきぼりのジョー / バックルさんとめいけんグロリア / 100ぴきのあり おなかぺこぺこ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

いぬのマーサがでんわをしたら

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7




全ページためしよみ
年齢別絵本セット