おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
やまんばがやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまんばがやってきた

作: 渡辺 茂男
絵: なかの ひろたか
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥874 +税

「やまんばがやってきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

広がる妄想

学研から出版されている「新しい幼年童話」シリーズの1冊です。
挿絵の怖さと題名の「やまんば」に惹かれて息子が借りてきました。
小1の息子にとって、長くもなく、短くもなく、ちょうどよい分量だったようです。(ただし一人で読むには少し四苦八苦したようです^^;)

お話は留守番をしていた男の子が、訪ねてきたおばあちゃんをやまんばと思いこみ・・・・

一人で留守番しているときに膨らむ恐怖心とでもいうのでしょうか?
ついつい悪いこと、悪いことばっか考えちゃう。
そんな子供特有の想像の世界が、おもしろく描かれていました。
挿絵が妙に怖いのがいい味をだしています。

私も結構子供時代にいろいろ想像してしまい、
それで一人怖がってしまうようなことが多かったので、
妙に親近感がわいてしまいました^^;
息子もそんな私の妄想癖が伝授したのか、同じように色々想像しては、
一人でトイレへ行けない〜!という性格で(笑)、
まさに主人公の男の子そっくりタイプなので、
同じように親近感がわいていたようです。
子供の世界をうまくとらえたお話の1つではないかと思います♪
(Sayaka♪さん 30代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの

なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / ひとりぼっちのりんごのき / かみなりゴロスケ



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

やまんばがやってきた

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット