新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

やまんばがやってきた

やまんばがやってきた

作: 渡辺 茂男
絵: なかの ひろたか
出版社: Gakken Gakkenの特集ページがあります!

税込価格: ¥961

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年12月
ISBN: 9784051046118

ベストレビュー

広がる妄想

学研から出版されている「新しい幼年童話」シリーズの1冊です。
挿絵の怖さと題名の「やまんば」に惹かれて息子が借りてきました。
小1の息子にとって、長くもなく、短くもなく、ちょうどよい分量だったようです。(ただし一人で読むには少し四苦八苦したようです^^;)

お話は留守番をしていた男の子が、訪ねてきたおばあちゃんをやまんばと思いこみ・・・・

一人で留守番しているときに膨らむ恐怖心とでもいうのでしょうか?
ついつい悪いこと、悪いことばっか考えちゃう。
そんな子供特有の想像の世界が、おもしろく描かれていました。
挿絵が妙に怖いのがいい味をだしています。

私も結構子供時代にいろいろ想像してしまい、
それで一人怖がってしまうようなことが多かったので、
妙に親近感がわいてしまいました^^;
息子もそんな私の妄想癖が伝授したのか、同じように色々想像しては、
一人でトイレへ行けない〜!という性格で(笑)、
まさに主人公の男の子そっくりタイプなので、
同じように親近感がわいていたようです。
子供の世界をうまくとらえたお話の1つではないかと思います♪
(Sayaka♪さん 30代・ママ 男の子7歳)

関連記事

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

やまんばがやってきた

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら