貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
Alive生きている体
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Alive生きている体

  • 絵本
作: レイン・スミス
文: アニタ・ガネリ
出版社: 大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年
ISBN: 9784499282345

関連するスペシャルコンテンツ


しかけ絵本アワード2015コメント大募集中!

【動画公開中】

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.


リアルな人体図&驚きのしかけで体の仕組みを紹介する人体図鑑の決定版!

ページを開くと、心臓の音が聞こえたり頭蓋骨が立ち上がる、驚きのしかけの連続。
私たちの体の仕組みや働きをリアルな図と驚きのしかけで紹介した人体図鑑の決定版です。









内容紹介

人間の体のしくみや働きについて、数多くの図としかけを使って詳しくわかりやすく紹介した立体人体図鑑の決定版。ページを開くと、心臓の音が聞こえたり、頭蓋骨が立ち上がる、驚きが連続するしかけ絵本。玩具絵本。

ベストレビュー

最高!

ちょっと高いけど、迷って子供に買いました。

ポップアップは、肋骨・肺と頭蓋骨のみで意外に少なかったですが、詳細な解説もあり、有用だと思います。今の年齢ではまだ難しいですが、小学生になったら読んでもらおうと本棚に揃えました。

最初のページがなぜか分厚いので良く見たら、ボタンを押すと、表紙の脳がチカチカとライトがつくし、(あけてすぐ下のとびらをあけてタグをとれば)ページをあけるたびにドクドクと心音が流れます。

子供はそこに興味をひかれていました。
(あいりっくさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レイン・スミスさんのその他の作品

ほんと さいこうの日 / こどものなかま / これはちいさな本 / グランパ・グリーンの庭 / これは本 / ヒヤシンスひめ そらにうかんだおんなのこの あっとおどろくおはなし

アニタ・ガネリさんのその他の作品

メロディポップアップ ピノキオ



飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

Alive生きている体

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット