おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
マミー?しかけえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マミー?しかけえほん

  • 絵本
作: モーリス・センダック アーサー・ヨーリンクス
絵: モーリス・センダック
出版社: 大日本絵画

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

【動画公開中】

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.




Mommy?(ママどこ?)
よちよち赤ちゃんが
お母さんを探しているうちに
恐ろしい館に迷い込んでしまった!?
忍び寄る無気味な化け物の影。。。
果たして赤ちゃんは無事にお母さんの元に戻れるのか?
最後のどんでん返しが面白い!!

ベストレビュー

MommyとMummy

2歳の時に初めて読んで、4歳になる今でも、頻繁に夜の絵本の時間に持ってきます。
仕掛け絵本の中でも上位に入るお気に入りの絵本です。

可愛くデフォルメされたモンスターではなく、パッと見は怖そうなイラストなのに、小さな赤ちゃんに翻弄されて困り果ててる様子がなんとも可愛くて、2歳当時、臆病だった娘がちっとも怖がりませんでした。
ミイラ男に狼男に……ぞくぞく現れるモンスターをものともしない、主人公の赤ちゃんに勇気づけられたのもあったのでしょうか。
と言うのも、この赤ちゃん、Mommy(お母さん)ことMummy(ミイラ)の子どもだったのです。
なるほど!と、最初にオチを知った時にはこのシンプルなシャレがとてもツボに入りました。

そのシャレはまだ子どもは理解していませんが、「おかあさん、どこ?」「ここにはいないよ」と、自分でモンスターたちに声を当てて、毎夜いろんなストーリーで楽しんでいます。

また、内容もさることながら、やはり仕掛け絵本としてのクオリティがよく、デザインも優れているので、ハロウィンのときの飾りにも一役かっています。
(ふかふかさん 20代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

モーリス・センダックさんのその他の作品

ちょうちょのために ドアをあけよう / とてもとてもサーカスなフロラ / わたしの兄の本  / そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう?



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

マミー?しかけえほん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット