ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ナーベルちゃんとマーブルちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナーベルちゃんとマーブルちゃん

  • 絵本
作・絵: たんじあきこ
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ナーベルちゃんとマーブルちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784592761266

四六倍判変型  縦192mm×横206mm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ナーベルちゃんは、本が大好きな女の子。今日は、森の中のお気に入りの場所で読書です。そこへ本を読みながら歩いてきたのは…マーブルちゃん。同じ本を手にしていた二人はびっくり。『これ、すっごくおもしろいんだよね!』本の世界のわくわくどきどきが、あざやかに伝わってくる絵本です。

ベストレビュー

読書好きな女の子の物語!

たんじあきこさんの絵本作品は、私は、可愛くて好きです。

そんな、可愛いイラストで、女の子が主人公の絵本作品が、この「ナーベルちゃんとマーブルちゃん」です。

ナーベルちゃんは、読書が大好きな女の子です。家でも読むのが好きですが、森の中のお気に入りのところで読むのも大好きだそうです。

そしたら、森の中で誰かが歩く音がしました。それが、転んでしまった女の子のマーブルちゃんです。マーブルちゃんも読書が大好きで、ナーベルちゃんの読んでいる本は、マーブルちゃんも読んでいるそうです。二人は、同じ読書仲間の友達が出来ました。

そこで、二人は、「おはなしのせかい」ということを夢中で話すことにしました。

さて、どんな物語でしょうか?

この絵本のポイントに一つが、読書がテーマの絵本作品です。本を親しくする為には、この絵本を読むのがお勧めだと思います。

また、前途の通り、可愛いたんじさんの絵本なので、読書のイメージも楽しくなりそうな、絵本作品だと思います。可愛い作品を探している方にもお勧めです。

読書が好きな人は、読んでおきたい一冊です。

是非、読んでみて下さい。
(ぷるたんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たんじあきこさんのその他の作品

むかしむかしの魔女 / なでなで してね / 雨の日の魔女 / 夏の魔女 / そろそろそろーり / そおっと そおっとね



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ナーベルちゃんとマーブルちゃん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット