もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
入場料はどんぐり5つ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

入場料はどんぐり5つ

  • 絵本
作・絵: 村山寿美枝
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「入場料はどんぐり5つ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みつけたよ!へいの むこうの 不思議ワールド
散歩の途中で見つけた不思議世界の入り口。入場料はどんぐり5つ!主人公あんずといっしょに小さな冒険をはじめよう。2007年に1047点もの応募作品を集めた「第1回 KFS創作絵本グランプリ」受賞作品。

ベストレビュー

どんぐりを持って参加したいですね!

3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。どんぐり拾いが好きな息子に読んでやりました。どんぐりを持っていけば見せてくれるネズミのサーカスのお話です。

あんずちゃんがクッキーという犬の散歩途中で、どんぐりをいっぱいはこんでいるネズミに出会い、実はネズミのサーカスの入場料を運んでいることが判明。あんずちゃんもどんぐりを渡してサーカスを見せてもらいました。とってもにぎやかで楽しいサーカスで、あんずちゃんも楽しんでいたのですが、天敵のネコが乱入。それをクッキーが助けてあげたことにより、また明日もおいでね、というお話。

どんぐりがもたらす、夢のようなお話。人間とネズミの交流がサーカスを通して行われるなんて、ちょっと心温まるお話ですね。どんぐりが好きだとこういうお話も喜んで聞き入ってくれますよ。ぜひどんぐり好きのお子さんに読んであげてくださいね。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




>絵本エイド ―こころにひかりを―

入場料はどんぐり5つ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット