貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ふりかけの神さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふりかけの神さま

  • 絵本
作: 令丈 ヒロ子
絵: わたなべ あや
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784333022106

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

偏食で、ふりかけごはんしか食べないさらは、母親からふりかけ禁止令を出されます。そんなさらの前に現れたのは、おかしな「ふりかけの神さま」でした。愛情のこもった料理のおいしさに気づく女の子の楽しいお話。

ベストレビュー

偏食万歳!経験あり!!

【あらすじ】
極端な偏食の少女は、母親が作った朝ごはんが食べられない。大好きなのはふりかけだけだが、ふりかけごはんは栄養がとれないという理由で母親に禁止される。そんな絶望の中、通学路にある神社でお祈りしてみると、ふりかけの神様があらわれ、「神様ふりかけ」を授けられる。一生ふりかけが楽しめるが、その代り条件があって…

【感想】
ふりかけばっかり食べている子ども。
よくぞこの題材を見つけたと感心する。自分も小学生1〜2年生のころ、やはりふりかけにはまって、他のおかずはどうでもよくなった時期があった。やはり、絵本の中のお母さんと同じく、ふりかけご飯は栄養不足と怒られた。懐かしい思い出がよみがえりました。
今では好みが変わってしまったのでふりかけを食べる事はめったにありません。もし、自分もふりかけの神様に、「一生、ふりかけが一番おいしいと思っていなくてはならない」と言われたら、難行苦行の日々だと思います。でも、子どもの時は、目の前の苦しみから逃れたいことだけで、「一生のお願い!」とか「一生、約束する」とか、安易に飛びついてしまう。そんな子ども心も、しっかり観察しているなあ、と感心しました。

世界一おいしいふりかけを食べる場面の、描写が秀逸。小学生の少女の、素晴らしい感性が光る一瞬です。そして、その逆の、お母さんの作った朝食のまずさの描写も卓越している。味噌汁を飲むたびに悪夢が蘇りそうな、容赦ない酷評。
食べ物を表現する力の、卓越した作者です。

個人的には、こんな旅館の朝食のような素敵な料理ができるお母さんは、国民栄誉賞をもらって欲しいと思います。ありがとう、おかあさん。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


令丈 ヒロ子さんのその他の作品

ハリネズミ乙女、はじめての恋 / あたしの、ボケのお姫様。 / 温泉アイドルは小学生!(3) いきなり!コンサート!? / 温泉アイドルは小学生!(2) 暴走ママを止めて! / 温泉アイドルは小学生!(1) コンビ結成!? / 講談社青い鳥文庫 魔リンピックでおもてなしー「黒魔女さんが通る!!」×「若おかみは小学生!」

わたなべ あやさんのその他の作品

おいしい まんまるさん / えだまめきょうだい / も・や・し〜! / ないちゃったまねぎ / レッツゴーおべんとう! / ショコラくんのおこさまランチ



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

ふりかけの神さま

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.92

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット