かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ワンワン ぶらぶら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワンワン ぶらぶら

作・絵: きむら よしお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「ワンワン ぶらぶら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月

10ヶ月〜2才向き
こどものとも0.1.2. 2008年12月号 サイズ: 20X19cm

出版社からの紹介

「ワンワン」とイヌのまねしてはいはいする赤ちゃん。そこへ、1匹のイヌがやってきました。「ワンワン」「ワンワン」とご挨拶。イヌは赤ちゃんをおんぶして「ぶらぶら」とお散歩です。すると少し大きいイヌがやってきて……。赤ちゃんは次々登場するイヌにおんぶしてもらいます。最後に登場するのは赤ちゃんよりも小さなイヌ。そこで赤ちゃんは……。シンプルで愉快な絵本です。

ベストレビュー

わらしべ長者・・・

赤ちゃんがワンワンと言って。、ハイハイしてます。これって犬の真似していたのでしょうか?次のページに犬がワンワンと言ってやって来ます。
赤ちゃんは犬にまたがってぶらぶらします。次々にワンワンと少しづつ、大きな犬がやって来ます。セントバーナードのと後に来た絹はとても小さい子犬でした。今までは鞍替えしてまたがっていましたが、赤ちゃんより小さい犬がやって来た時は赤ちゃんが犬を乗っけてあげてました。

赤ちゃんが好きな繰り返しなのですが、少しずつ様子が変わっていき面白さが倍増になってます。最後の落ちは、小さい犬にまたがるのは重くて可愛そうだよねって話しました。ぼくならどうする?と聞いてはわからない様子。次のページで乗せてあげているところを見せて、これなら子犬さんも重くないし、みんなで楽しいねって話しました。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


きむら よしおさんのその他の作品

トントンがゆく / おひいさん / 魚助さん / がむしゃら落語 / わん ニャン / ふとんちゃん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ワンワン ぶらぶら

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット