庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ハグタイム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハグタイム

作・絵: パトリック・マクドネル
訳: 覚 和歌子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ハグタイム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784751525159

小学校低学年〜
17.7×20.2cm・44頁

出版社からの紹介

大事な人をハグしよう。君にとってその人がどんなに大事か伝わるように。ベストセラー絵本『おくりものはナンニモナイ』第2弾。小さな身体を大きな愛でいっぱいにした子猫のジュールが、世界中を抱きしめるために旅にでます。なかよしのムーチとヌードル、アールを皮切りに、ちょうちょからクジラまで!「ハグ名簿」にしたがって旅を続けるジュールが出会うのは・・・・・・?

ベストレビュー

いつでもうれしいのがハグ

世界をまるごとだきしめたい・・と思っていたジュールというこねこがせかいじゅうの人や物を抱きしめに行くお話しです。

それで、世界がよくなる・・・と信じて・・・・

つらいとき、悲しい時、何も言わずにぎゅっ・・と抱きしめられてホットとした経験ってあるよね。
嬉しい時は誰かに抱きつきたいほど・・嬉しい!


「あー本当だ!ハグっていつでもうれしいことだね」と、娘の言葉です。

たくさん・・たくさんの動物に自分の愛をこめてハグしてきたジュールが寂しくなったときにギュッと抱きしめられるところに癒されました。

人はもちつもたれつ・・・ですね。


我家では娘と息子にそれぞれ1対1でゆったり・・読み聞かせしました。
読んでいると・・・幸せな気持ちにだんだん・・・はまっていく〜感じの
絵本でした。もちろん読んだ後はギュッと抱きしめなきゃね・・・
(とむままさん 40代・ママ 男の子13歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パトリック・マクドネルさんのその他の作品

どうぶつがすき / おくりものはナンニモナイ / The Gift of Nothing(「おくりものはナンニモナイ」)

覚 和歌子さんのその他の作品

ねえ / 覚和歌子詩集 海のような大人になる / ねどこ どこかな? / しあわせの ちいさな たまご / ねんどぼうや



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ハグタイム

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット