おばけのてんぷら おばけのてんぷら おばけのてんぷらの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできました。さあ、たいへん!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
夜のスイッチ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夜のスイッチ

作: レイ・ブラッドベリ
絵: マデリン・ゲキエア
訳: 北山克彦
出版社: 晶文社

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「夜のスイッチ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

夜がきらいな男の子がいた。夜には家中の明かりをつけ、好きなのは太陽だけ。だから夜はひとりぽっちで孤独だった。そこへ〈ダーク〉と名乗る少女が現れて、「〈夜〉にひきあわせてあげるわ」という・・・。ブラッドベリならではの幻想世界に子どもの気持ちが重なり、暗闇への恐怖を開放する。1955年刊行時のマデリン・ゲキエアの絵による味わい深い絵本。

ベストレビュー

夜の闇、夜の輝き

闇が嫌いな人っていますよね。
電気を全部消すと眠れないとか。
小さい子どもに多いのだろうけれど。

でも、夜の闇ってほんとは素敵。
闇があってこその輝きだもの。
月も星も焚き火の明かりが素敵なのも
闇があってこそ感じることができるもの。
夜の闇と輝き、両方手に入れることがで
きたら、もっともっと人生(というか
日々の暮らしかな?)も深く濃く豊かに
なるような気がします。

そんな闇と輝きを感じられる人になって
もらうべく、娘をキャンプに連れ出したり
夜のお散歩に連れ出したりしています。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レイ・ブラッドベリさんのその他の作品

ハロウィーンがやってきた / 10月はたそがれの国



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

夜のスイッチ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット