もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
トリツカレ男
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トリツカレ男

作: いしいしんじ
挿絵: 早川 純子
出版社: ビリケン出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トリツカレ男」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年10月
ISBN: 9784939029165

大人
168頁/四六判

出版社からの紹介

おーいジュゼッペ、トリツカレ男!今度はなんだい?いったい何にとりつかれてるんだい!限度を知らないトリツカレ男・ジュゼッペ。風船売りのペチカに恋をしたジュゼッペのトリツカレ方といったらもう大変……!!
ストーリーテラー・いしいしんじが贈る、ゴキゲンなラヴストーリー。
Shinji Ishii

ベストレビュー

潤いを与えてくれるオアシスみたいな本

ジュゼッペは街のみんなから「トリツカレ男」というあだなで呼ばれている。
一度なにかにとりつかれてしまうと、もう他のことにはいっさい目がいかなくなってしまう。
またそのとりつかれかたが、普通じゃない程の徹底ぶりなのだ。
ジュゼッペはオペラ、三段跳び、探偵、サングラス集め、ねずみ飼育、ありとあらゆるものにとりつかれてゆく。
そんなジュゼッペもある日出逢った少女に恋をした。
少女にとりつかれてしまったのだ。

冒頭ではいかにジュゼッペが色んなことに傾倒して、のめりこんでゆき

そしてまた突然プイと他の事に興味を示し、またとりつかれてゆくーーというエピソードが滑稽に描かれていて、とにかく楽しんで読める。
少女の喜ぶ姿を見たいがためのジュゼッペの行いはある種異常とも取れるが、自分を犠牲にしてまでのジュゼッペのひたむきさに心を打たれる。
かわききった心にジュゼッペの純粋さは潤いを与えてくれる砂漠の中のオアシスみたいだ。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いしいしんじさんのその他の作品

そのように見えた / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん / 絵描きの植田さん / いぬなんてだいきらい

早川 純子さんのその他の作品

十二支のおもちつき / ゲーゲー ピーピー おなかのびょうき / いえのなかの かみさま / もしかして ぼくは / ミミとおとうさんのハッピー・バースデー / みんなの家出



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

トリツカレ男

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット