ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
おはなし名画シリーズ(9) レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(9) レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ

  • 絵本
文: 小手鞠 るい
出版社: 博雅堂出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,912 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1997年04月
ISBN: 9784938595180

B4変型判 60ページ
作品点数 32点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

画家のこころは、鏡のようなものであるべきだ。
自然がつくりだす、 あらゆる変化をそのままに描く力をもたなくてはならない。(レオナルド)

●レオナルド・ダ・ヴィンチ   ”天才少年レオナルド”
今からおよそ500年以上も前のことです。
1452年4月15日、イタリアの町 フィレンツェから西へ40キロほどはなれたところにあるヴィンチ村に、
ひとりの男の子が生まれました。その子の名は レオナルド。
そうです。のちに「モナ・リザ」をえがくことになるレオナルド・ダ・ヴィンチの誕生です。 
レオナルド・ダ・ヴィンチとは「ヴィンチ生まれの レオナルド」 という意味もあります。
ヴィンチ村は、山や川、ぶどう畑や 果樹園にかこまれ、 いつも 小鳥の声が聞こえる のどかで 平和な村でした。

●ミケランジェロ・ブォナローティ  ”天才同士の熱い戦い”
1504年、イタリアの町フィレンツェは にぎやかに栄え、イタリアだけでなく 世界中からさまざまな人があつまり、
せまい通りはいつもゆきかう人びとや楽団や馬であふれていました。そんなフィレンツェの町をおさめていた
フィレンツェ議会は、ある日ひとりの若い彫刻家に大会議室をかざる壁画をえがくようにいいわたしました。

おはなし名画シリーズ(9) レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ

ベストレビュー

伝記と画集がひとつに

いつか子供に読ませようと思い、図書館で借りてきました。

が、大人の私が夢中になって読んでしまいました。
ダ・ヴィンチとミケランジェロの生涯について、もっと詳しく知りたいな〜と思ってしまいました。

伝記と画集が合わさったようなお得感があります。
文章も多すぎず、導入にもってこいだと思いました。
作品もただ載せてあるだけでなく、部分が拡大されていたり、興味深く拝見しました。

他のシリーズも読んでみたいです。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

小手鞠 るいさんのその他の作品

きみの声を聞かせて / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / くろくまレストランのひみつ / やくそくだよ、ミュウ / お菓子の本の旅



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

おはなし名画シリーズ(9) レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット