キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎

  • 絵本
構成・文: 西村 和子
監修: 小澤 弘
出版社: 博雅堂出版

本体価格: ¥3,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784938595340

B4変型判 64ページ
作品点数 50点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

1999年、アメリカの雑誌ライフがおこなった「この1000年でもっとも重要な業績をのこした世界の人物100人はだれか?」
というアンケートの中で、ただひとりえらばれた日本人、それは葛飾北斎でした。
この葛飾北斎とはどんな人だったのでしょう。
しばらく葛飾北斎の作品をみながら、北斎爺さんのはなしに耳をかたむけてみましょう。

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎

ベストレビュー

北斎、語る!

5年生の読み聞かせにセレクト。
「うごく浮世絵」という本を子ども達に見せたくて、この本の補助に何かないかと捜していて手に取った本です。
読んでみると、北斎が自分で語るという設定で出だしからおもしろいのでどんどん読み進みました。

個性的というか変わり者というか、エピソードの多い葛飾北斎。
全ページに作品が掲載され、年月と共に作品に変化が見られます。
数十回の引っ越しや、三女と住む狭い部屋では「おうい」と呼べば事足りたため、三女の画号は「応偽(おうい)」と名付けたところも子ども達はびっくり。
子ども達からの感想は「浮世絵を描く人だからまじめな人かと思ってた」「スゴイ!こんな人生おもしろい!」等々。

作品の掲載があるため、大きなサイズの本です。
読み聞かせでは、かなり長くなるので、途中は要約して読みました。
最後に「うごく浮世絵」の北斎作品ページを子ども達に見せたところこれまた「おお〜っ!」と目が輝きました。

葛飾北斎でここまで盛り上がるとは思いませんでした。
とても楽しい読み聞かせとなりました。

シリーズの他の作品も読みました。
芸術家達の生き方に興味がでてくる、かなりおすすめのシリーズです。
(夢見るアリスさん 40代・ママ 男の子15歳、女の子13歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

西村 和子さんのその他の作品

新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士 / 新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画 / 新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象 / おはなし名画をよむまえに(4) 名画でメリー・クリスマス  / おはなし名画シリーズ(5) ボッティチェッリと花の都フィレンツェ / おはなし名画シリーズ(8) 平山郁夫のお釈迦さまの生涯



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット