宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
レッツらっくごー! ぷぷぷ編
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レッツらっくごー! ぷぷぷ編

作: 桂 文我
絵: たんじあきこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

子供向けにアレンジした現代版古典落語絵本

古典落語からおいしいところをいただいて、現代の生活環境を舞台に、そして子ども達を主役にまとめ直した落語絵本。昔ながらの落語のおもしろさのいいとこ取りの落語絵本を前にすれば、笑いたくてうずうずしている子もそうじゃない子も、思わずわはは、ぷぷぷと笑ってしまうこと請け合い! わはは編、ぷぷぷ編ともに6話収録。この6本の落語を実際に録音したふろくCDもついて、見て、読んで、聞いて、3倍楽しめるお得な落語絵本です!

ベストレビュー

友だちと盛り上がってます

「毎度ばかばかしいお笑いを・・・」なんて言いながら始まるのが落語・・・っていう感じですが
実はとてもウィットに富んでいて質のいい“笑い”が込められていると思うのです。
子どももお友達と一緒に読んで喜んでいます。
自分読みで気に入った本はあらすじを話して聞かせてくれたりするんですが
笑いのツボを上手く伝えられないみたいで
「とにかくこれ読んでみて!お母さん。もうね、大笑いするから」とゴリ押しされました。
子ども向けにアレンジされていますが
お話の元になっているのは正統派の古典。
『つる』、『さぎとり』、『皿屋敷』などです。
たんじあきこさんのかわいいイラストも随所に描かれていて
お子さんには楽しい絵本となっています。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂 文我さんのその他の作品

らくごえほん ばしょうさんとかっぱ / いちはちじゅうのもぉくもく / お正月 / おしりつねり / らくごえほん 月きゅうでん / 落語まんが じごくごくらく伊勢まいり

たんじあきこさんのその他の作品

マドモアゼル・シック すてきな女の子になるレッスン / いじわるちゃん / セボンちゃん / さんどいっちにー / 紙芝居 たのしいクリスマスのじゅんび / ゆかいなちびっこモンスター



せなけいこさん50周年記念連載 第2回 本多慶子さんインタビュー

レッツらっくごー! ぷぷぷ編

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット