ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
チョコレートのまち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコレートのまち

  • 絵本
作・絵: 深見 春夫
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「チョコレートのまち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784333023462

小学1年生から
A5変判/64P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

チョコレートの町では、誰でも顔の形を自由に変えることができます。小学校では、動物の顔が流行っていました。クニオのクラスでは、ワニの顔のボン太がいばりほうだい。クニオはボン太をこらしめようと、肉食恐竜の顔になってやっつけます。けれど、いつしかクニオも、以前のボン太のようにいばり始めたのです。ある日のこと。星の形に変えたクラスメートが、空の彼方へと飛んでいってしまいました…

ベストレビュー

外見が変わると

絵がたっぷりある幼年童話です。
題名でちょっとびっくりですが、なんとチョコレートが住む町のおはなし。
といっても、チョコレート色の肌というだけで、一見、人間と変わらないのですが、
実はチョコレートは温めると成形可能、ということで、
この町では、誰でも簡単に顔を整形できるのです。
という事で、子どもたちの間では、動物顔が流行なのです。
でも不思議。
狂暴な動物の顔の子は、性格まで狂暴になってしまうのですね。
クニオは、友だちが威張るのを止めるための変装が、自分も同じく威張るようになってしまいます。
もちろん、それがいい事でないという葛藤もあるのですね。
後半は意外な展開に。
心の通じ合ったお友だちのいる喜びが伝わってきます。
チョコレートに惹かれて読みだした子どもたちも、
その奥の深い展開に共感してくれると思います。
小学校のおはなし会で読みます。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


深見 春夫さんのその他の作品

すてきなステッキ / あしにょきにょきにょき / にがい おくすり のめるかな / じぶんで おしり ふけるかな / ドキドキめいろのくに / なぞなぞふしぎのくに



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

チョコレートのまち

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット