話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
あたま山

あたま山

作: 舟崎 克彦
絵: 林 恭三
出版社: そうえん社

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あたま山」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784882642428

出版社からの紹介

いわずと知れた古典落語の名作を絵本化。破天荒なナンセンスストーリーをリズミカルな文章とデザイン性豊かな絵で再現。読み聞かせにも最適。

ベストレビュー

不思議なリアリティ感をかんじてしまう

 落語の演目の一つです。
 「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では、「さくらんぼ」の題名で演じられています。
 この作品は、出だしから“くすぐり”がみられ、手っ取り早くじんべえさんが、散る桜を見ながら、さくらんぼうを口にするところから始まっています。
 翌朝、じんべえさんの頭のてっぺんから、ばかでっかい桜の木が一本ニョッキリと生えていて…。
 非現実的な話であるにもかかわらず、読んでいるうちに不思議なリアリティ感を感じてしまう魅力的なお話しです。
 桜見物の賑やかさあたりで息子は笑いが止まりません。
 「ありえな〜い!」って言いながら読んでいました。
 桜の木を引っこ抜いて、ヤレヤレとおもいきや、できた池でもうひと騒動…。
 落ちがなんともシュールで、自分で蒔いて自分で刈りきれなくなった問題(頭の穴)を抱えている人には、笑えないお話しかもしれません。

(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
     出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。

舟崎 克彦さんのその他の作品

Qはせかいいち / 児雷也太郎の魔界遍歴 / ポプラ世界名作童話(9) ドリトル先生物語 / まるかいてピョン / クレヨンマジック / ここにいる

林 恭三さんのその他の作品

ゆみたろう



ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

あたま山

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット