もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
あたま山
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたま山

作: 舟崎 克彦
絵: 林 恭三
出版社: そうえん社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784882642428

出版社からの紹介

いわずと知れた古典落語の名作を絵本化。破天荒なナンセンスストーリーをリズミカルな文章とデザイン性豊かな絵で再現。読み聞かせにも最適。

ベストレビュー

不思議なリアリティ感をかんじてしまう

 落語の演目の一つです。
 「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では、「さくらんぼ」の題名で演じられています。
 この作品は、出だしから“くすぐり”がみられ、手っ取り早くじんべえさんが、散る桜を見ながら、さくらんぼうを口にするところから始まっています。
 翌朝、じんべえさんの頭のてっぺんから、ばかでっかい桜の木が一本ニョッキリと生えていて…。
 非現実的な話であるにもかかわらず、読んでいるうちに不思議なリアリティ感を感じてしまう魅力的なお話しです。
 桜見物の賑やかさあたりで息子は笑いが止まりません。
 「ありえな〜い!」って言いながら読んでいました。
 桜の木を引っこ抜いて、ヤレヤレとおもいきや、できた池でもうひと騒動…。
 落ちがなんともシュールで、自分で蒔いて自分で刈りきれなくなった問題(頭の穴)を抱えている人には、笑えないお話しかもしれません。

(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


舟崎 克彦さんのその他の作品

Qはせかいいち / 児雷也太郎の魔界遍歴 / ポプラ世界名作童話(9) ドリトル先生物語 / まるかいてピョン / クレヨンマジック / ここにいる

林 恭三さんのその他の作品

ゆみたろう



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

あたま山

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット