宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ケンケンとムンムン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケンケンとムンムン

作: 南部 和也
絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケンケンとムンムン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784834023763

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
サイズ: 22X16cm

出版社からの紹介

南の海に小さな島がありました。ケンケンとムンムンは、島にすむ双子の妖精です。「ぼくたちもお父さんのように太陽を動かしたいな」と、二人は海に向かいました……。

ベストレビュー

子供の仕事の責任を持たせる親の持ち

長いお話ですから 絵本というよりも、創作童話かな?

ケンケンとムンムン南の島に住む妖精
外国のお話の妖精とはイメージが異なりますが、お父さんは朝、東の空から太陽をひっぱりだし、お母さんは,月を呼ぶこの始まり
子供はまだ小さいから仕事がありません
でも ケンケンとムンムンは だんだん大きくなり お仕事がしたいのです
親は子供の成長をみて 二人に仕事をさせるというお話で
その1〜その5までのお話は、子供たちが 仕事をもらっても 失敗したり・・・・
いろいろ経験する中で成長するのがよく分かります!

磯じいの役割 妹の誕生 北の国で雪を降らせるお仕事している お兄さんの存在など やはり人間の成長と同じで 仕事に対する責任感が子供にもわかりやすいドラマの中でかかれています。

絵は田島征三さんの絵でおもしろいので 絵の表情も楽しみながら読みました

4〜5才から小学生の低学年にお奨めです!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

南部 和也さんのその他の作品

ネコの家庭教師 / ボクと子ネコと飛行船 / おはなしルネッサンス ネコのホームズ2 十三かかしの呪い / ネコのホームズ / ネコのドクター小麦島の冒険 / ザ・ボーン

田島 征三さんのその他の作品

わたしの森に / ぼく、おたまじゃくし? / 紙芝居 しっぺいたろう / あめが ふるふる / もりモリさまの森 / オオカミのはつこい



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

ケンケンとムンムン

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット