ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ねこじゃらしの野原
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこじゃらしの野原

作: 安房 直子
絵: 菊池 恭子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこじゃらしの野原」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

谷あいの町のとうふ屋さんには、さまざまなお客がやってきます。すずめ、ねずみ、きつね、木の精、そしてもっとふしぎなものまでも……。とうふ屋さん一家をめぐる、美しい6つのファンタジー。

ベストレビュー

寝入り物語にどうぞ

学校の本のボランティアを始めて6年近くになりました。
最近、新しい試しみとして、学校図書室内に、子どもたちへお薦めの本などを紹介する新聞を不定期で、張り出しています。

今の子どもたちの心に響く本、読んでおいて損はしない名作など、紹介したい本は山ほどあります。
今回はどんなお話を紹介しようかと、いろいろ手にしていて、この「とうふ屋さんの話」を読んでみました。

素直にいいお話でした。

実際、編集されている作品は1982年を皮切りに1980年代のもので、お話の中で描かれている町並みは、今の子どもたちにはちょっと想像しにくいかもしれません。
(近所に手作りとうふ屋さんなんてものもなかなか見ませんしね)

大人のくせに、好奇心旺盛でよく不思議なことに巻き込まれてしまうとうふ屋の主人が、高感度高いです。
短編集をまとめたものなので、寝入り物語に1話づつ読んでもたいした時間にはなりません。ぜひ一度お子さんたちに読んでもらいたいお話です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子13歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話

菊池 恭子さんのその他の作品

ミリー・モリー・マンデーと ともだち / クリーニングのももやまです / おいなり山のひみつ / 七草小屋のふしぎなわすれもの / くんくまくんとおやすみなさい / くんくまくんとバケツおに



『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

ねこじゃらしの野原

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット