ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ココの詩

ココの詩

作: 高楼 方子
絵: 千葉 史子
出版社: リブリオ出版

税込価格: ¥2,750

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1987年10月
ISBN: 9784897841571

A5判 426頁

出版社からの紹介

子供部屋の世界しか知らなかった、はだかんぼうの人形、「ココ」。ある日、きらりと光る鍵を見つけ、その鍵に引かれるがままにその鍵の扉を開け、その中にあった不思議な洋服を着たとたん、人形とは違うすんなり動く体と自由を手にいれました。そしてその自由の世界で出会う、割り切れない善と悪にココは翻弄されます…。

ベストレビュー

どこか共感も。

たかどのほうこさんらしいファンタジックなストーリーですが、共感できる部分があるのも確かです。
憧れの気持ちが行動力を生み、憧れはより忘れないものになる、けれどその後にはその想いとは違う選択を選んだりもする。
あーわかるなぁと、大人になったら、また懐かしいような気持ちで読む1冊かも知れませんね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高楼 方子さんのその他の作品

黄色い夏の日 / ゆゆのつづき / 4ミリ同盟 / 街角には物語が・・・・・ / ポプラ世界名作童話(12) 十五少年漂流記 / 時計坂の家

千葉 史子さんのその他の作品

十一月の扉 / ココの詩 / ニレの木広場のモモモ館 / 角川つばさ文庫 ごちそうびっくり箱 / 十一月の扉 / だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん



舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー石丸幹二さん

ココの詩

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット