貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
テレビがなかったころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

テレビがなかったころ

  • 絵本
作・絵: イワン・ポモー
訳: とき ありえ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「テレビがなかったころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784890139040

B4変型判ヨコ 上製 48ページ

出版社からの紹介

舞台は第二次世界大戦後のフランス。テレビも冷蔵庫もなく、人びとは狭いアパートにひしめきあっていました。物はなくても、家族のきずなや明日への希望に満ちあふれていた時代。8才の少年アランの生活を通して綴る、ノスタルジックな歴史絵本。ボローニャ国際児童図書賞ノンフィクションの部 優秀賞受賞。

ベストレビュー

たくさんの年月が過ぎて

昔のフランスの雰囲気が感じられそうと、、何気なく図書館で借りてみたのですが、想像していたのとは少し趣の異なる絵本でした。
最初のページには、悲しい第二次世界大戦の絵がありました。
大戦の後1945年生まれのアランと言う男の子を中心としたフランスの町の暮らしが描かれています。
足踏みのミシン、毎朝氷の塊が配達される冷蔵庫、毎晩耳を傾けるラジオなど、このころの生活はフランスも日本も同じような部分が多くありますね。
この絵本をみて、幼かった頃をちょっと思い出しましたが
主人公が女の子だったら共感できる部分がもっと多かったかもしれません。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

とき ありえさんのその他の作品

紙芝居 花ぬのむすめ / ちいさな死神くん / うみべのいちにち / ピンクがすきってきめないで / ソフィー ちいさなレタスのはなし / オルガ ストロングボーイTシャツのはなし



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

テレビがなかったころ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット