だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
てまりのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てまりのき

作: あまん きみこ
絵: 大島 妙子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「てまりのき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784062115001

ページ数:33

出版社からの紹介

いっしょにあそぼ。
こぎつねにさそわれたナナが、すすきのはらでみつけたものは……。

せっかく いっしょに あそぼうと おもったのに
なかよしの ヨウくんは いませんでした。
「つまんないな。」
がっかりした ナナが とぼとぼ あるいて いると
あしもとに あかい まりが ころがりでて きました。

いちじく にんじん さんしょに
しいたけ ごぼうに
むくろじゅ ななくさ はつたけ
きゅうりに とうがん
とんとんとん とんとんとん
――てまりつきの うた しってる?

ベストレビュー

秋のお話

表紙にすすきがあって秋らしい絵本そうだと思い手にとってみました。

あまんさんというときつねが出てくるお話が多いですね。

すすき野原を抜けると、赤いてまりの木があるなんて色彩的にも美しそうです。

今の子どもたちはてまり遊びをしないので、てまりでうまく遊べないなどとも聞きます。

一年生で確か昔の遊びを総合で学習する機会があるようなので、その時期に読んでみても楽しそうかもしれないと思いました。

子どもだったら、すすき野原をずんずんと歩いて行って、てまりの木を探しに行きたくなりそうです。

こういう日常生活の中にぽっとファンタジーの入り口があるかわいいお話が昔から好きだなあと実感しました。

秋頃のお話として覚えておきます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ / なかないで なかないで

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / ビリンちゃんのもちがっせん / オニのサラリーマン / おまつりやさん / おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー / あっ!みーつけたっ!!



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

てまりのき

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット