あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ライオンとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとぼく

作・絵: 垂石 眞子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ライオンとぼく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784033316109

3・4歳から
29cm×21cm/32ページ

みどころ

小さな子どもと大きな動物の組み合わせ。
絵本らしいこんな世界は、夢があってやっぱり面白い。

このお話でぼくと仲良しなのは、何と百獣の王ライオン。
勿論、自慢のともだちだ。だから家に招待するのです。
するとお父さんに注意され、ぼさぼさだった髪をとかし。
お母さんに注意され、ワイシャツを着てネクタイを締めて。
おねえちゃんに怒られないよう、お行儀良くおやつを食べて。
思わず私も「あら、可愛いライオンちゃんね。」なんて思っていると・・・。
ぼくは突然怒りだす。「そんなライオン、きらいだ。」
そこで、子どもの視線にぱっと下ろされます。
そうなんです。迫力あって、動じなくて、憧れていて・・・
やっぱりライオンはライオンらしくいなくちゃいけないのです。
だからぼくのともだちなのです。
何だか大切な事を教えられた気分になってしまったのです。
当然、大きな者の憧れを持つ全ての子ども達にオススメしたい絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

なかよしのライオンを自分の家によんだぼく。けれど、家族のみんながいろいろな注文をつけるので、ライオンは意気消沈してしまいます。

ベストレビュー

ライオンの優しさ

表紙のライオンと男の子の安心した寝姿がとても可愛いなあと思って図書館から借りてきました。男の子とライオンは大の仲良しなので、家に呼ぶことにしました。男の子の家族に好かれようといっぱい努力したのは、ライオンの男の子に対する優しさだと思いました。男の子は、いつものライオンが好きだと言うと、ライオンもいつもとおりのライオンになってよかったと思いました。鬣を梳かしてカールしたライオンに爆笑してしまいました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


垂石 眞子さんのその他の作品

ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / 紙芝居 いちについてよーいどん / わたしのかさはそらのいろ / 那須正幹童話集1 ともだちみっけ



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

ライオンとぼく

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット