ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ライオンとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとぼく

作・絵: 垂石 眞子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784033316109

3・4歳から
29cm×21cm/32ページ

みどころ

小さな子どもと大きな動物の組み合わせ。
絵本らしいこんな世界は、夢があってやっぱり面白い。

このお話でぼくと仲良しなのは、何と百獣の王ライオン。
勿論、自慢のともだちだ。だから家に招待するのです。
するとお父さんに注意され、ぼさぼさだった髪をとかし。
お母さんに注意され、ワイシャツを着てネクタイを締めて。
おねえちゃんに怒られないよう、お行儀良くおやつを食べて。
思わず私も「あら、可愛いライオンちゃんね。」なんて思っていると・・・。
ぼくは突然怒りだす。「そんなライオン、きらいだ。」
そこで、子どもの視線にぱっと下ろされます。
そうなんです。迫力あって、動じなくて、憧れていて・・・
やっぱりライオンはライオンらしくいなくちゃいけないのです。
だからぼくのともだちなのです。
何だか大切な事を教えられた気分になってしまったのです。
当然、大きな者の憧れを持つ全ての子ども達にオススメしたい絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

なかよしのライオンを自分の家によんだぼく。けれど、家族のみんながいろいろな注文をつけるので、ライオンは意気消沈してしまいます。

ベストレビュー

いつもの自分でいいんだ!

人にどう見られようとどう思われようといつもの自分でいいんだ!と思える絵本です。
立派なたてがみを持ったらイオン。怖そうにも見えるのに、少年と遊ぶ時は目尻が下がって、まるで大きめの猫みたい。
ライオンがかしこまって、髪を撫で付けたり、ワイシャツを着たりとする場面で子供は大うけでした。
いつも動物園では怖がってライオンを見に行かない子供ですが、ライオンが身近に感じられたようです。
(豆たろうさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


垂石 眞子さんのその他の作品

ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / 紙芝居 いちについてよーいどん / わたしのかさはそらのいろ / 那須正幹童話集1 ともだちみっけ



お気に入りのくだものはどれ?

ライオンとぼく

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット