話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
うみべであそぼう

うみべであそぼう

  • 絵本
作: なかの ひろみ
写真: 小林 安雅
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うみべであそぼう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784834023534

2才から
24ページ/ 22X21cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

海水浴にいったら、砂浜の左右に目を向けてみると、岩場を見つけることができるでしょう。岩場にしゃがんで見ていると、あわてて逃げるヤドカリ、岩陰から顔をのぞかせたカニ、岩のすきまにいるウニなど、様々な姿をした海の生きものたちに、つぎからつぎと出会います。
ヒトデをひろってうらがえしておくと、ひっくり返って元どおりになります。ウニをつかまえたら柵を作って入れておくと、よじのぼって出てきます。ナマコをつかむとお尻から水がぴゅーっと飛び出します。他に殻を取りかえるヤドカリ、変装するカニなど、ぜんぶで9種類の海の生きものに、実際に手で触わることでわかる、そのふしぎな生態を写真で紹介します。
親子で一緒に磯遊びするのが、ますます楽しくなる写真絵本です。

ベストレビュー

磯の生物が観察できます。

ここには、海は海でも「磯」で見られる生き物が登場します。
アカヒラオデ、バフンウニ、マナマコ(ナマコ)、イバラカンザシ(ゴカイ)、ヨロイイソヒギンチャク、アメフラシ、ホンヤドカリ、ヒライソガニ、モクズショイの10種類!
これは写真絵本なのですが、見ていてい一番驚いたのは、写真の中の「手」がここに紹介されている生き物を素手で触っていたことです。
この手は誰でしょう?写真を撮っている小林さんでしょうか?それとも海の友達?
わたしは海のない県で育ったので、磯の生き物を素手で触ったり押したり、握ったりしているしていることにびっくりでした。
でも、触るとそれぞれの生き物の特徴がさらに良く分かりますね〜。
写真がとても大きいので、普段は気づかない場所の色や形もよく見えました。
ナマコとかアメフラシとかはちょっと見た目がグロテスクな感じなので、苦手なお子さんもいるかもしれませんが、生物の観察の面では大変わかりやすく描かれていると思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

なかの ひろみさんのその他の作品

みてみて! クオッカ 世界いち しあわせな どうぶつ / ポップアップ深海生物 / サメ だいすき すいぞくかん / こどもどうぶつえんのみんなの一日 / しぜんにタッチ!もぐもぐどうぶつえん / へんないきものすいぞくかん ナゾの1日

小林 安雅さんのその他の作品

さがして海ハカセ(1) 海の生きもののなかま / さがして海ハカセ(2) 海の生きもののかくれんぼ / さがして海ハカセ(3) 海の生きもののくらし / 365日出会う大自然海の生き物 / 海辺で調べる生き物の生態 / さかなとあっぷっぷ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > うみべであそぼう

今おすすめの絵本児童書8作品!レビューコンテスト

うみべであそぼう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット