貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
ぎんぎつねはまほうつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぎんぎつねはまほうつかい

作: 王敏
出版社: (不明)

ベストレビュー

おもしろく読めました

中国河北省に伝わる昔話が4つ収録されています。

どれも読んだことがないものばかりでおもしろく読めました。

「ぎんぎつねはまほうつかい」は、珍しいぎんぎつねを手に入れようとする猟師の親子のりお話なのですが、きつねが親子に対して意外に親切な計らいをするのに驚きました。

「話のへたなおじいさん」は、お話の下手なおじいさんが、孫をズボンに入れ、孫の言ったとおりに真似をするという日本の落語のような面白話で楽しめました。

「おおかみにばけたおかあさん」は、「赤ずきんちゃん」を彷彿とさせるお話ですが、子どもたちの知恵が生きていると思いました。オチが「赤ずきんちゃん」とは違っていたので、息子は「あれ?」という感じでした。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


王敏さんのその他の作品

モンゴルの白い馬



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

ぎんぎつねはまほうつかい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット