ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
みにくいあひるの子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みにくいあひるの子

作: 間所 ひさこ
絵: バーナディット・ワッツ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みにくいあひるの子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

一度は読んでほしいお話

「えほん 世界のおはなし」シリーズの5です。

文を「ころわん」シリーズでお馴染の間所ひさこが担当しています。バーナデット・ワッツの絵が細かいところまで丁寧に描かれており、とても美しいです。

散々いじめられたあひるの子が白鳥の群れに近付く時に「さあ、ぼくを ころして ください!」と言います。息子は「どうして 『殺して下さい』って言うの?」と聞きました。

「今までいじめられてきたからね、今度もひどい目にあうと思ったのね。でも、白鳥が美しいから、殺されてもいいからそばに寄りたいと思ったのだと思うよ」と答えました。

子どもの頃に読んだお話ではありますが、こうして読み返してみると、こんなに痛切な言葉があったとは知りませんでした。胸にせまるものがあります。

生まれた時からいじめられ、住む場所もなく、放浪しなければならなかったあひるの子。醜いと言われ続けて迫害されるのは、とても苦しかったことでしょうね。

前半部分が辛く苦しいお話だけに、後半の幸せがかけがえのない幸せに感じられます。

アンデルセンの頃は、貧しさゆえの差別や迫害があったのかもしれませんが、豊かになった現在でも、いじめはなくならないことを思うと、この絵本の必要性や長く読み続けられてきた理由がわかる気がします。

名作絵本ですので、この絵本でなくてもいつかどこかで、子どもたちが読んでほしい本だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


間所 ひさこさんのその他の作品

3にんのおひめさま ラプンツェル えんどうまめとおひめさま おやゆびひめ / あきいろのころわん / しあわせなおうじ / げんこつやまがあったとさ / ころわんどっきどき / 10ぴきのかえるのあきまつり

バーナディット・ワッツさんのその他の作品

いばりんぼうのカラス / ラプンツェル / ヘンゼルとグレーテル / ラプンツェル / 赤ずきん(大型絵本) / 赤ずきん



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

みにくいあひるの子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット