ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小さめサイズが可愛い♪「おおきなかぶ」など絵本柄のおつかいバッグ、新登場です!
地下鉄のできるまで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地下鉄のできるまで

  • 絵本
作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年10月
ISBN: 9784834003512

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

都会の地下を走る電車、地下鉄。その工事は、地下でどのように進められているのだろう。ページを繰るごとに工事が進み、地下鉄の完成までを楽しく伝えます。

ベストレビュー

大人も納得!

電車が大好きな4歳の息子、電車の仕組みにも興味を持ち始めたので、まだちょっと難しいかなと思いつつ、この本を買ってみました。

地下鉄はどうやって出来るのか。
地下にトンネルを掘る、と一口に言っても、いくつもの工法があるんですって。
どうやって掘っていくのか、地面の下はどういうふうになっているのか、がしっかり図解されています。

大きい文字で平易な言い回しの文章、そして絵の中には小さい字でより詳しい説明が書かれています。
なので、年齢が小さいうちは大きい文字だけ読んで、大きくなって理解力が増したら細かい説明も読む、というふうに、長く楽しめる本になっています。

作者はだるまちゃんシリーズで有名な加古里子さんです。
電車が大好きなお子さんに、お勧めです。
(あんれいさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


加古 里子さんのその他の作品

大型絵本 だるまちゃんとてんぐちゃん / 大型絵本 だるまちゃんとかみなりちゃん / だるまちゃんとにおうちゃん / だるまちゃんしんぶん / だるまちゃんと楽しむ 日本の子どものあそび読本 / だるまちゃんすごろく



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

地下鉄のできるまで

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット