おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
ぼくはねこのバーニーがだいすきだった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった

作: ジュディス・ボ−スト
絵: エリック・ブレグバッド
訳: 中村 妙子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年
ISBN: 9784034250709

対象年齢:3・4歳から

出版社からの紹介

かわいがっていたねこの死を悲しむ男の子にお父さんは言った・・・。小さい読者に、死の既念を思いやりあふれる言葉で伝える絵本。

ベストレビュー

死を正面から乗り越える

ペットが死ぬ話といえば「ずーっとずっとだいすきだよ」を思いつきますが、何度もそういう事に遭遇している身としては、あまりにきれいに割りきって納得のいかないものでした。
そしてこの本に出会い、これなら合点がいく、(そういう場面になった時)我が子に読んであげられると溜飲を下げました。

また宗教的見解をさらりと否定して、あくまでもバーニーそのものの死に焦点をあてており、気休めではなく真っ向から死に対峙して乗り越えさせていた。
バーニーの死が、他のものを生かすという言葉はよかった。こう言われると、いちばん気が休まる。
幼いころ恐怖も伴って体験した飼い犬猫の死が今頃ようやくきれいな思い出になった気がする。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・ブレグバッドさんのその他の作品

海時計職人ジョン・ハリソン / アンデルセンの絵本 火うちばこ

中村 妙子さんのその他の作品

岩波少年文庫 消えた王子 (上) / 岩波少年文庫 消えた王子 (下) / 聖夜のおくりもの / ポップアップ絵本 ナルニア国物語 / 絵本ナルニア国ものがたり2 カスピアン王子のつのぶえ / 岩波少年文庫 143 ぼく、デイヴィッド



温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット