レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
しろくまくん、どこへ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろくまくん、どこへ?

作・絵: ハンス・ド・ビア
訳: 矢川 澄子
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,200 +税

「しろくまくん、どこへ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

氷の山と緑の島

 表紙のやさしい絵にひかれてページをめくると、
いかにもやんちゃそうな、好奇心いっぱいの白くまの子どもが現われます。
小さな白くまのラルスは、ふとした事から、
今まで見たこともない緑の島に流れ着いてしまいます。
そこで、親切なカバのヒッポと出会い、初めての体験をします。

表紙から裏表紙まで、色の美しさに魅了されます。
一枚一枚の絵を見るだけでも、楽しめます。
ラルスの後ろ姿の毛並みは、
柔らかくふんわりした感じで、
思わず触ってみたくなります。

オオワシやオルカに助けられて、無事に氷の山に帰ってきたラルク
「ほんとに、しろいものはいないのかい、ひとつも?」
と、驚くお父さんの白くまに、
自分の冒険を話すラルクは、ちょっぴり得意げですね。
だって、お父さんも知らない事を、いっぱい体験したのだから・・・!
(MAYUMIさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳)

出版社おすすめ


ハンス・ド・ビアさんのその他の作品

しろくまくんとこわがりうさぎ / ひとりっこのオリー

矢川 澄子さんのその他の作品

岩波少年文庫 魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / グリム童話 いばらひめ 新版 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / 12月くんの友だちめぐり / 岩波少年文庫 145 風の妖精たち



あの漢字検定が絵本を出版!?

しろくまくん、どこへ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット