雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
だいじょうぶ?だいじょうぶさ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいじょうぶ?だいじょうぶさ!

  • 絵本
作・絵: ダビッド・モリション
訳: 小宮 悦子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,480 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だいじょうぶ?だいじょうぶさ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784097272670

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「おせんぶっしつ」ってなあに?幼い子どもたちにも地球の環境を守ることの大切さを理解できる、フランス発の環境寓話。
残念だけど、地球は汚れています。森の動物たちが巻き込まれる「おせんぶっしつ」のお話から、環境を守ることの大切さを楽しく知ることができる、フランス発の環境寓話です。

ベストレビュー

環境破壊から地球を守ろう!

 ねずみのアルバートは何でも作れるスーパーマシンを開発中。これさえあれば、ビーチボール、電池、タイヤ…何でも作れちゃう。ところが、そのスーパーマシンから、何やら怪しげな紫色の液体がこぼれ始めている。これってもしかして「おせんぶっしつ」ってもの? この後、アルバートはこの汚染物質を廃棄しようと森のはじっこ、海の底、宇宙の果てを訪ねて回るけれど…。
 有害汚染物質の存在を、わかりやすく教えてくれる絵本。小さい頃に自然の尊さを教えてあげることって、つくづく大切だと思います。イラストが可愛いねずみさんなので?よくリクエストされました。ところで、この紫色の液体、結構印象強く残ります。それは子供にとってもきっとそうでしょう。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

ダビッド・モリションさんのその他の作品

きいろかな、みどりかな

小宮 悦子さんのその他の作品

とらねこビスケット



エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

だいじょうぶ?だいじょうぶさ!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット