もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ハンカチの上の花畑
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハンカチの上の花畑

  • 児童書
作: 安房 直子
画: 岩淵 慶造
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年07月
ISBN: 9784251063625

小学校中学年以上
145ページ

出版社からの紹介

良夫さんが酒屋のおばあさんからあずかったつぼの中には、おいしい菊酒をつくる小人の家族が…。

ベストレビュー

目に浮かんでくるような素敵な文

 「きつねの窓」に代表的される安房先生の文体が好きです。
 昨年10月の6年生のお話会では「10月の風鈴」を読みました。
 生徒たちから思わぬ反響があり、ぜひ本を貸して欲しいと駆け寄られました。
 幻想的なお話が多いのですが、日本的な空気を保ち続ける独特の安房ワールドです。
 
 この作品(読み物)もタイトルに惹かれ読みました。

 郵便配達の良夫さんが、かつて大きな造り酒屋のあったらしい人気の無さそうな家へ手紙を届けに行くと、中から紺の絣の着物を着たおばあさんが、・・・。
 お酒(菊酒)を造る小人(妖精)が出てくるつぼをあずかった良夫さん。
 約束ごとが二つ。
 “お酒をつくるところは、誰にも見せちゃいけない” 
 “このお酒で、金儲けをしようとかんがえちゃいけない”

 ところが、不思議なお酒造りに夢中になり、約束を破ってしまった良夫さん夫婦は、・・・。

 お酒造りの小人がハンカチの畑の上で、菊の花を育てる様子が目に浮かんでくるような素敵な文です。
 後半の、ミステリアスな展開に、安房先生のお話としては珍しいドキドキ感があります。
 読後、狐につままれたような不思議な感覚におそわれました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話

岩淵 慶造さんのその他の作品

異界白書〜こっちへおいで〜 / フォア文庫 タイムマシン



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

ハンカチの上の花畑

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット