こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃん


出版社: 春秋社

本体価格: ¥2,000 +税

「おじいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

思春期の中高生に読んでほしい

中2の上の子も「読んだ」というよりはペラペラとめくっていました。
同名のタイトルの絵本もありますが、これは写真絵本(というか家族の記録の本)です。

「大塚敦子」さん(ドキュメンタリー作家であると同時に写真絵本家でもあります)の写真絵本と、作品的には似ているものがあります。
違うところは、「おじいちゃん」の病気が判明してから亡くなるまでの記録を、家族である孫が撮影し、本にまとめたというところです。

おじいちゃんの病気は、ここでは「動脈硬化」とされていますが、記録されている症状をみると、今でいう痴呆症または認知症と見ていいと思います。
ガンと静かにたたかい、死を受け入れる「エルマおばあさん」(作:大塚敦子)も、見ていて素晴らしいと思う反面つらい絵本でしたが、
元気だった家族が、少しずつ身の回りのことが分からなくなり、次第に身近な家族である自分たちが誰だかわからなっていく。そして、うまく体が動かなくなり、奇怪な行動をとりはじめる。
それを正面からしっかりと見つめて、受け入れるのは、写真には見えないところで、大変なご苦労があったと思います。

私たち読者は、写真という形で「おじいちゃん」を知り、家族の視線を追います。
病気が発覚してから約3年後に「おじいちゃん」はこの世を去りますが、私は今まで、他人の老いや病気をこれほど真剣に覗いたことはありませんでした。
この本をまとめたマークとダンの文章がとても温かく愛情深いので、重たいテーマではありますが大変親しみやすく読みやすい内容になっています。

対象年齢は高学年以上がいいと思います。
出来たらおじいちゃんおばあちゃんがいる、思春期の中高生に手にしてほしい本でした。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

出版社おすすめ




押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

おじいちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット