宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくはくじら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはくじら

作: あいかわ ななせ
絵: なかざわ あきら
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥571 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくはくじら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年7月5日
ISBN: 9784094190274

関連
くじらサンタ

出版社からの紹介

女性ロックシンガーとして、時代の先頭を走り続けてきた相川七瀬が、ひとりの女性として体験した結婚と出産を機に、今、新たなるメッセージを発信。自らの文字でつづったNewあいかわななせに注目!!

  日本テレビ系の人気アニメ『犬夜叉』のオープニングテーマとしてオンエア中のニューシングル『終わりない夢』で、衝撃の復帰を飾った〃ロックの女神〃相川七瀬。絵本作家としてのデビュー作となるこの『ぼくはくじら』には、“新生・相川七瀬”の、母としてのメッセージが込められている。ロックと絵本――一見すると、まったく違う世界に感じられるが、その根幹にある想いは一緒。手書きの文字の後ろには、愛があふれている。 ●文庫書き下ろし オールカラー

ベストレビュー

絵がかわいい

ぼくはくじら
だいすきなママといつもいっしょ・・・

いつもママと一緒にいる子くじらが、嵐でママと逸れてしまって、小さな鳥のオリーブと一緒にママを探して冒険の旅に出るお話です。

やっとママと出会えた場所は・・・
(イルカさん 30代・パパ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

あいかわ ななせさんのその他の作品

くじらサンタ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

ぼくはくじら

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット