だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
チョコだるま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコだるま

  • 絵本
作・絵: 真珠 まりこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784593560653

32P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくは、チョコだるま。チョコレートでできた雪だるまだから、そうよばれている。特製のホットチョコレートがおいしいマルタさんのお店には、いろんなお客さんがやってくる。手をつないだ恋人たち、お母さんと子ども、毎日やってくるおじいさん。ある日、町のお金持ちがやってきて、ぼくを買いたいといった……。寒い日のホットチョコレートのように、心あたたまる絵本。

チョコだるま

ベストレビュー

チョコだるまのお店行きたい!

真珠まりこさんの講演で紹介されて知りました。
とってもかわいくてあったかいお話です。
母と娘のシーンではじーんとしました。
お店の商品としてチョコだるまを売ってしまった店主のマルタさんが
もどってきたチョコだるまに言ったひとことがよかった…「やっぱりおまえがいなくちゃね」
外国の映画を観ているような気もしました。
娘はすごく好きだそうです。こんなお店があれば行ってみたいな。
(アヤマさん 40代・ママ 女の子9歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


真珠 まりこさんのその他の作品

もったいないばあさんの知恵袋 / かまくらレストラン / おたからパン / もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし / イカになあれ / ぽんぽん



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット