雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ごきぶり大王
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごきぶり大王

  • 絵本
作: K.チュコフスキー
絵: S.オストローフ
訳: 田中 潔
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784033481104

3・4歳から
29cm×25cm・28ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ほんの小さなごきぶりに恐れおののく動物たちを、リズムある散文で語るユーモアあふれるお話。絵は描きおろしのロシアのロングセラー作品。

ベストレビュー

結構共感できます!

10歳の息子と読みました。

つい最近同じ作者さんの「でんわ」という絵本を読んで、
物語がよく分からず???だった私と長男ですが、
ただ何も考えずに楽しむ絵本なんだ!と分かった今は、
この「ごきぶり大王」は、一冊目よりも楽しめたと思います。

テンポのいい訳文に、コミカルな絵。
そして、ゴキブリなんかよりももっともっと大きな動物たちが
ゴキブリに恐れおののき、
大王さまとなっていくゴキブリ。

まさかでしょ!
と思いつつも、いやいや、ちょっと待って。
自分に置き換えて読んでみたら、とってもよく共感できます。

私もゴキブリよりも全然大きい人間だけど、
ゴキ様発見と同時に、「ギャアアアアアアア!!!」って
叫んでしまい、
近づくのも怖くてなかなか・・・なのです。

そんな動物たちの気持ちに共感しつつも、
最後はエッという結末。これもまたよかったです。
そうそう、こんなもんなんだよね。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


K.チュコフスキーさんのその他の作品

でんわ / あらうよ バシャザブーン

田中 潔さんのその他の作品

フェドーラばあさんおおよわり / めっちゃくちゃのおおさわぎ / ロシアのわらべうた / きつねとねずみ / ワニになにがおこったか / 麦の穂



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

ごきぶり大王

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット