ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
バスがきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バスがきた

作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「バスがきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784032044102

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

バスがとまるといろんな人がおりてくる。セールスマン、建設工夫、病人…。次々とバス停の風景を描き人生を温かく謳う詩情豊かな絵本。

ベストレビュー

シンプルだからこそ

バスがやってきて、人が乗り降りする様子が描かれています。
描かれている内容はいたってシンプル。特に大きな意味もないように感じます。
でも、だからこそ、奥が深いといいますか、この絵本から色々なことが読みとれるのではないかと。
親子でおしゃべりをして、どんどん世界を広げていける、そんな絵本です。
やっぱり五味太郎さんはすごい!
(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / ゆっくりおでかけ / 勉強しなければだいじょうぶ / 五味太郎 絵本図録 / くじらだ! / きみはしっている



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

バスがきた

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.53

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット