新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん

絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん

作: 銀城康子
絵: 萩原亜紀子
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,750

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784540081972

AB判、32ページ

出版社からの紹介

夏が短く冬が長い森と湖の国は、魚の塩漬けや酢漬け、ピクルスなど保存食が豊富。夏はベリー摘み、ザリガニパーティで自然の恵みを享受する北国の食事。

ベストレビュー

長い冬を乗切る保存食と智慧の数々

ムーミンでお馴染みの北欧の国。長い冬に備えていろいろな保存食をつくり、一日中暖房しているストーブを利用した煮込み料理などが発達した。意外と質素なお料理が多く、味付けは塩味が基本。北極圏にあたる北部と、首都ヘルシンキのある南部、各地で違う食文化が興味深い。

ムーミンのお話などでよく出てくるコケモモ、黒パン、コーヒーなどが普通に食べられている様子が、童話の世界みたいだった。だが、現地の人にとっては、寒い地方でも育つライ麦や夏の間に収穫できる果物類をうまく利用して普通に暮らしているだけだった。日本でも、昔自分の祖母が白菜の漬物をたくさん作って冬中食べていたようなものだ。梅酒や梅干のような感覚で、向こうの国ではコケモモのジュースやジャムを作って保存しておくのだろう。

一番なぞなのはフィンランドは世界で一番コーヒーを飲むという話。(今は一番かどうかわからないけど)
コーヒー豆はフィンランドでは取れないけど、コーヒーが大好きというのはどうしてだろうか?それにはあまり触れられていないけども、自然の恵みを大事に利用している様子が丁寧に紹介されていたのが印象的だった。豊かさは、こういうふうに一見地味に見えるところに宿るのだろうか。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん / ポリネシアのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん

萩原亜紀子さんのその他の作品

イギリスのごはん / ブラジルのごはん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > 絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん

えほん新定番 from 好書好日

絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット