こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん

作: 銀城康子
絵: 萩原亜紀子
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784540081972

AB判、32ページ

出版社からの紹介

夏が短く冬が長い森と湖の国は、魚の塩漬けや酢漬け、ピクルスなど保存食が豊富。夏はベリー摘み、ザリガニパーティで自然の恵みを享受する北国の食事。

ベストレビュー

へぇ〜!

同じような日常ですが、食生活は、その土地の気候が大きく影響するんだなって思いました。
主食は寒さに強いライ麦。3食ほぼパンという感じです。
主菜は温かいものや、保存食というところも、北国らしいなと思いました。
一週間分の朝食・夕食が、絵で紹介されていて、どれもおいしそう!

冬が長いせいか、家庭生活を大切にする国だなと思いました。
その為の環境がとても整っているのも、家族を大切にすることの表れだと思いました。

食事を通して文化を知る。
いいシリーズだと思います。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


銀城康子さんのその他の作品

ポルトガルのごはん / モロッコのごはん / ロシアのごはん / インドネシアのごはん / イギリスのごはん / 絵本 世界の食事 14 スペインのごはん

萩原亜紀子さんのその他の作品

ブラジルのごはん



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

絵本 世界の食事 第12巻 フィンランドのごはん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット