ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと

作: 高杉尚子
出版社: らくだ出版

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

妹とのいい関係

3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。もうすぐ妹(おそらく)が生まれるので、妹をやさしく見守って欲しいと思って読んでみました。たまたま胎児名と同じ名前の「ももちゃん」なので、親近感もありました。

妹のももちゃんはおにいちゃんにも優しいし、ぬいぐるみやかえるさんにもやさしい。そんなももちゃんをおにいちゃんは見守ってあげるし、雨の中ならかえるさんに貸してしまってももちゃんがずぶぬれになってしまうとおんぶしてあげる。そんなももちゃんがおにいちゃんは大好き!

妹とのいい関係という意味では、こういう焦点のあて方もあるんだ、とちょっと意外でした。どちらかというと、おにいちゃんとして妹になにかをしてあげる、あげて欲しい、と願うようなストーリー展開だっただけに、そのままの妹を受け入れるというのもおにいちゃんの役目だなーと思いました。ただ、3歳の息子にはちょっと難しい切り口だったかも。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

しろくまくんのえほん 2 ぼくのいもうと

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット