すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ごろごろ にゃーん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごろごろ にゃーん

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年02月
ISBN: 9784834009668

読んであげるなら・2才から

関連するスペシャルコンテンツ


 【長新太没後10年記念連載】担当編集者&絵本作家インタビュー

おはなし

海の上に飛行機が一機。たくさんのねこたちがボートから飛行機へ乗り込みます。
飛行機は飛び立ち、クジラから逃れ、雨の中を抜け、街を越え、森を越え、犬から逃れ、人の手から逃れ、また海に戻ってきます。ごろごろにゃーん、ただいまー。

みどころ

まったく不思議な魅力の絵本です。
色は黒と青の線に黄色がほんの少しだけ。最初と最後のページを除いて全てのページが「ごろごろにゃーんごろごろにゃーんと、ひこうきはとんでいきます」という文章なのです。
とびうおのような奇妙な形の飛行機にねこたちが乗り込んで飛んでいくのですが、なんだかワクワク楽しくて、ただいまーとねこたちが帰ってきた後、もう一回乗りたい!と思ってしまう。
そう、遊園地ののりものみたいな作品です。

出版社からの紹介

飛行機は猫で満席。ごろごろ言うのは飛行機。にゃーんにゃーん鳴くのは猫。ふたつあわせてごろごろにゃーん。斬新、奇抜、愉快が同居した長新太の快作!

ベストレビュー

絵をよく見ないとわからなくなる

絵をよく見ないとわからなくなると思いました。

お父さんにも教えてあげました。

ねこがつりをしたり、犬がおいかけたりするのがおもしろかったです。

ひこうきが思ったよりも小さそうだと思いました。

おもしろかったです。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ぼくはイスです



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ごろごろ にゃーん

みんなの声(105人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット