雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
ふくろうとにわとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふくろうとにわとり

作: 唯野元弘
絵: 毛利将範
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784790251910

3〜4歳児
20.1×27.6cm(表紙20.7×27.9cm)
上製・24ページ

出版社からの紹介

昔々、お日さまが出ない日が続き、みんな困ってしまいました。そこで動物たちは空を飛べる鳥たちに、お日さまを起こしに行ってもらうことにしました…。ふくろうはなぜ夜に飛ぶのか? にわとりはなぜ朝早く鳴くのか? 古く伝わるお話を、切り絵で親しみやすい絵本にしました。


ベストレビュー

日本の民話

ふくろうが出てくる日本の民話といえば、「ふくろうのそめものや」しか知りませんでしたが、こんなお話もあるんですね。
これを読めば、ふくろうが夜行性になった理由と鶏が朝早く鳴く理由がわかります(笑)
版画調の絵で、はっきりとしているので、遠目が効きます。これなら大勢への読み聞かせにもぴったりだと思います。今度1年生の教室で読んでみようと思いました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唯野元弘さんのその他の作品

さるの はし / みんなで まもった ひなどり / きんいろの しか / そらを あるく しろい ぞう / 日本民話 あたまに かきのき / きんいろのライオン

毛利将範さんのその他の作品

なんでもすきすき



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

ふくろうとにわとり

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット