くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱりの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
お外で遊んで、すっかりどろんこのくろくまくん。そんなときには、みんないっしょに、おふろに入ろう! おふろが楽しくなる絵本♪
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
リトル プリンセス <小公女セアラ>
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リトル プリンセス <小公女セアラ>

作: バーネット
絵: グラハム・ラスト
訳: 秋川久美子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784890139064

A5・348ページ

出版社からの紹介

インドからロンドンの寄宿学校にやってきたお金持ちのセアラは、かわいくて気立てがよく、そして誇り高く、少しかわったことを考えることが好きなふうがわりなお嬢さまだった。ところが、11歳の誕生日に父が亡くなり、不幸のどん底に突き落とされる。現実を受け入れながらも夢見ることや人に優しくすることを忘れずに誇り高く振る舞う姿が心を打つ感動の物語。カラーイラストと新訳で読みやすい1冊。

ベストレビュー

名作をもう一度完訳で

高楼方子の「緑の模様画」を読んでから、「小公女」をもう一度読み直してみたいと思っていたところ、完訳が出たことを知り早速読んでみました。

読んでみて、自分が子どもの頃に読んだものが抄訳であったことを知ったこと、完全無欠の優等生だと思っていた、セーラ(本ではセアラ)の人間臭さが垣間見えました。ちょっとした驚きでした。

子どもの頃に読んだ感じと受ける印象が少々違いました。ミンチン先生は、憎らしい存在でしたが、セーラの言い方にも先生を怒らせる要素がありますね。

この本の魅力は、
1.勧善懲悪
2.悪役の存在
3.孤高のヒロイン

ではないかと思います。

当時の時代背景は、今の時代から見ると「あれ?」と思うようなことがありますが、それでも名作の力は強いと思いました。

環境が変わってもセーラを慕い続けるベッキーやアーメンガードの友情には、不覚にも涙してしまいした。

ピーター・ラビットを読んだ時にも辛口なものを感じましたが、昔、世界名作全集を読んだ時には感じなかった辛口さをこの本からも受けました。

大人になってからもう一度読み返してみたいという方にも、お勧めしたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーネットさんのその他の作品

小公子セドリック / 秘密の花園 新装版 / 岩波少年文庫 125 秘密の花園 (下) (改訳) / 岩波少年文庫 124 秘密の花園 (上) (改訳) / ポプラポケット文庫 秘密の花園 / 講談社青い鳥文庫 秘密の花園(下)

秋川 久美子さんのその他の作品

メディチ家の紋章(下) / メディチ家の紋章 (上) / ポプラポケット文庫 小公女



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

リトル プリンセス <小公女セアラ>

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット