貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
オデュッセウスの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オデュッセウスの旅

作・絵: ビンバ・ランドマン
訳: せきぐちともこ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784890139057

B4変・60ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

トロイア軍との戦いに勝利を収めたオデュッセウスは、故郷イタカを目指し出発する。10年前に別れたきりの妻のペネロペイアと息子のテレマコスが帰りを待ちわびているはずだ。ところが、旅は果てしなく続く。イタカへと続く海では、思いもかけない出来事ばかり。どう猛な怪物が隠れていたり、恐ろしい災難が待ち受けていたり、愛の魔法にかけられたり、想像もつかない罠にはめられたり…。恐れを知らない偉大な英雄オデュッセウスは、あるときは慎重に、あるときは大胆に、あらゆる困難に立ち向かっていく。さまざまな経験によってもたらされる、すべての富を手に入れること。それこそが、叡智ある人間となるべき、英雄オデュッセウスに課せられた宿命だった。
イタリアのイラストレーター、ビンバ・ランドマンによる新しい漫画を思わせるレイアウトが新鮮なギリシア神話を知る入門絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビンバ・ランドマンさんのその他の作品

イクバル 命をかけて闘った少年の夢 / サン=テグジュペリと星の王子さま / ミケランジェロ / ラファエロ / シャガール わたしが画家になったわけ / ジョットという名の少年 羊がかなえてくれた夢

せきぐちともこさんのその他の作品

ゆきのひのポンテ / かえると王子さまの恋物語 どんでんがえる / ともだちおもいのろばくん / おとこのこなんてだいきらい だってね・・・・・・ / おんなのこなんてだいきらい だってさ・・・・・・ / あわてんぼうのめんどり



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

オデュッセウスの旅

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット