ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
なきむしおにのオニタン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なきむしおにのオニタン

  • 絵本
作: 上野 与志
絵: 藤本 四郎
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784893257741

25×25cm・28頁

出版社からの紹介

鬼の子オニタンは、鬼の子なのにとっても泣き虫。「あーん、あーん。キキがぼくのだいふくたべちゃったー」って、また泣いてますよ。そこで、オニタンは、泣き虫をなおすために人間の国に行くことに。トラのパンツをはいて金棒を持つと、勇気がわくんだって。節分の日、泣きそうになりながら人間の国を走り回ったオニタンは・・・。幼い読者に小さな勇気が伝わる、節分におすすめの絵本です。

ベストレビュー

夫は泣きそうになったみたい・・・

3歳の子供に読みました。
節分が終わったばかりだったので、興味しんしんで聞いていました。

主人公のおにたんが人間に豆をぶつけられても泣かずに頑張るシーンがあるのですが、夫はこのシーンを見て、これからわが子が歩む人生と重ね合わせて泣きそうになったそうです。
(私が読んだ時は何も感じなかったのですが…)

もちろん子供はそこまで深くは考えず、「鬼」だとか「豆」だとか「まばたきで人間界へ移動」とかを単純に喜んでました。
(夜の樹さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上野 与志さんのその他の作品

わんぱくだんのおかしなおかしや / ふたごのどんぐり / わんぱくだんのひみつきち / わんぱくだんの まほうのじゅうたん / でっかいたまごとちっちゃいたまご / おおきいおうちと ちいさいおうち

藤本 四郎さんのその他の作品

あの日とおなじ空 / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし / 紙芝居 あとかくしの雪 / しあわせなろば / みんなの聖書・絵本シリーズ 36 せかいは新しくなる



取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

なきむしおにのオニタン

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット