宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
まねしんぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まねしんぼう

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥910 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まねしんぼう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784265031399

0才 〜 5才向け
B5変型判 22.0×19.0 20頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お兄ちゃんのすることは,なんでもかんでもまねしたい妹。一生懸命だけど,どこかとんちんかんな様子に,思わずほほがゆるみます。

ベストレビュー

下の子にギュッとされると、弱い上の子。

下の子はいつも、上の子の「まねしんぼう」。
下にしてみれば、お兄ちゃん、お姉ちゃんと同じことをしたい。いや、出来るはずサ。とか、思っているんでしょうが、1歳くらいならともかく、3つも4つも離れていると、まねしてるつもりでも、ちっとも出来ていなくて、上から見ると、ただ邪魔されてるだけ。ッてこと、たくさんありますよね。
そんな兄弟の関係を描いた作品です。
うちの子もよく、下の子を邪魔だ邪魔だといっていますが、この絵本の妹みたいに、下の子に手をぎゅっとか握られちゃたりすると、文句いいながらも、しっかり、握り返してあげています。
こういうのが「兄弟(姉妹)」の関係。みたいのが見れて、楽しい絵本です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

宮西 達也さんのその他の作品

さるとびすすけ 愛とお金とゴキZのまき / ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

まねしんぼう

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット