あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
まゆみんみんさん 40代・ママ

秋祭り!
私が生まれ育った地域は,お祭りというと…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
マタギに育てられたクマ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マタギに育てられたクマ

作: 金治直美
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784333023523

小学校中学年から
21.5×15.5cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

青森県の大然(おおじかり)マタギ、吉川隆さんは、狩りで仕留めたツキノワグマに2頭の子グマがいたことを知り、山の神にいただいた母グマの命にかえて、2頭を育てることを決意する。厳しいしきたりや儀式を頑なに守るマタギの精神を通して、命、自然環境を見つめた感動作。マタギの狩猟のしかたや道具類、さまざまな習慣など、今まで知らなかった情報が満載です。

ベストレビュー

近年は子ども向けにテーマが多彩ですね

夏休み推薦図書に選ばれた本作品は、どの本屋さんに行っても店頭にどかっと、置かれています。
この作品も、その中の一つです。
児童向けのノンフィクションシリーズ。

私も子どもの頃はこういうシリーズをよく読みました。動物そのものが好きだったこともあり、椋鳩十三とか、ファーブル昆虫記とか夏休みの感想文に書きましたね〜。(懐かしい)

正直、テーマというか、題名にもちょっと驚きました。
児童向けのノンフィクションで、「マタギ」とか「クマ」とか使うんだ〜。近年はいろいろな動物たちの話が取り上げられるようになったんですね。

ノンフィクションといっても、全然固くない文体で、写真も多く、作者が要所要所に子どもたちが変わりやすく読めるよう、説明を入れてくれているので、大変読みやすい作品でした。
自然とか、動物とかに興味はあるけど、本を読むのはちょっと苦手。というお子さんにお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金治直美さんのその他の作品

子リスのカリンとキッコ / 花粉症のない未来のために / 逢魔が刻のにおい



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

マタギに育てられたクマ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット