しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
雨ふる本屋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雨ふる本屋

  • 児童書
作: 日向理恵子
絵: 吉田 尚令
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784494019427

小学3・4年〜
四六判・19.4×13.4cm ・240頁

関連書籍
雨ふる本屋の雨ふらし

出版社からの紹介

おつかいの帰り、雨にふられたルウ子は図書館へ。本棚の間を歩くうちに、たどりついたのは…。

ベストレビュー

大人も楽しめるファンタジー

久しぶりに、私自身がワクワクドキドキして読みました。

激しく降る雨の中、ルウ子が駆け込んだのは市立図書館でした。
そこで、カタツムリを追いかけて着いた先が、雨ふる本屋。
一歩踏み入ると、そこは先が読めない不思議な世界でした。

その不思議な古本屋には、これまた不思議な住人がいました。
フルホンさんと呼ばれている気難しい大きな喋る鳥や、
妖精使いという舞々子さんに、シオリとセビョーシというふたりの妖精など、
個性的というか一癖もふた癖もある登場人物に、
〈雨ふる本〉のつくり方ってなに?
鳥の男の子ってなにもの?
ほっぽり森ってどんなとこ?
とにかく、奇想天外な展開が次から次へとやってきて、
あれよあれよって感じで不思議な世界へ引き込まれていきました。
ルウ子が体験する不思議な冒険は、
息もつかせぬ展開で、どうなるんだろうとハラハラしました。

現実にもどるころには、ちょっと成長したルウ子がいました。

「面白いよ。」と、娘にすすめられて読み始めた私ですが、
ほんと、面白かった。こういうお話は大好きです。
大人の私でも、読み応えがありましたが、
ちょうど娘と同じ小学校中学年からなら楽しんで読めると思います。
(多夢さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日向 理恵子さんのその他の作品

雨ふる本屋とうずまき天気 / フォア文庫 すすめ!図書くらぶ (5) 明日のページ / 雨ふる本屋の雨ふらし / フォア文庫 すすめ!図書くらぶ (4) ふたりの魔女 / フォア文庫 すすめ!図書くらぶ (3) 雨夜の数え唄 / フォア文庫 すすめ!図書くらぶ (2) 百獣の行進

吉田 尚令さんのその他の作品

ええたま いっちょう! / ぼくのそりにのって! / 宇宙人っているの? / ショクパンのワルツ / (紙芝居)はじめての おおかみとしちひきのこやぎ / ぼくのジィちゃん



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

雨ふる本屋

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット